トップページ > 解説:白髪染め辞典「天然染料クチナシとは」

白髪が気になりはじめた人の強い味方となるのが白髪染め用のヘアカラーですが、実際使ってみると髪の毛や頭皮がものすごく痛んでしまって本末転倒な結果になってしまった人も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメなのが、酸化剤や化学染料を使用しない、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。これなら髪の痛みを気にしなくてすみますし、素手で使えるので染めムラもなくなります。使う頻度を高めても全く問題ありません。
>>>最新の白髪染めランキングはこちら

白髪染め辞典「天然染料クチナシとは」

今、注目の白髪染めといえば、酸化剤や化学染料を使用しない無添加の、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。無添加白髪染めには天然の染料が利用されており、これらの染料は髪の毛の表面だけを染めるので、化学染料系の一般的な白髪染めと比較すると着色力がやや弱いという難点があるものの、その分、自然な仕上がりが期待できます。

また、髪の毛が痛みませんし、低刺激のため、素手で使えるので染めムラもなくなります。使う頻度を高めても全く問題ありません。一般的な白髪染めで髪の毛が痛んでしまった人や、うまく染まらなかった人にはうれしい製品です。

そんな、今人気の無添加白髪染めに配合されている天然の染料の1つが「クチナシ」です。

クチナシはアカネ科の低木で、果実が漢方薬の原料となるなど、私たちに馴染みの深い植物ですね。

果実は山梔子(さんしし)と呼ばれ、上記の通り漢方薬や生薬の原料となります。また、カロチノイドの一種であるクロシンが含まれ、乾燥させた果実は天然の黄色い染料として、古くから重宝されてきました。たくあんの黄色い色もこのクチナシの果実から取れる染料によって着色されています。もちろん無害です。

さらに発酵させれば青色の着色料となる点も染料として利便性が高い点と言えるかもしれません。

このようにクチナシは古くから私たちに馴染みの深い伝統的な染料であり、ヘアカラーの原材料として利用しても安全であり、安心ですね。

髪の毛や頭皮に優しい、低刺激の白髪染めヘアカラーにご興味がある方は、クチナシなどの天然染料を利用した白髪染めヘアカラーを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新の白髪染め比較ランキングはこちら

目次

トップページ
白髪染めヘアカラー比較/口コミ評判ランキング
白髪染め辞典
コラム「白髪を治そう」
コラム「白髪の悩み」

口コミを投稿する