トップページ > 解説:白髪染め辞典「美髪成分コラーゲンとは」

白髪が気になりはじめた人の強い味方となるのが白髪染め用のヘアカラーですが、実際使ってみると髪の毛や頭皮がものすごく痛んでしまって本末転倒な結果になってしまった人も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメなのが、酸化剤や化学染料を使用しない、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。これなら髪の痛みを気にしなくてすみますし、素手で使えるので染めムラもなくなります。使う頻度を高めても全く問題ありません。
>>>最新の白髪染めランキングはこちら

白髪染め辞典「美髪成分コラーゲンとは」

今、注目の白髪染めといえば、酸化剤や化学染料を使用しない無添加の、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。無添加白髪染めには天然の染料が利用されており、これらの染料は髪の毛の表面だけを染めるので、化学染料系の一般的な白髪染めと比較すると着色力がやや弱いという難点があるものの、その分、自然な仕上がりが期待できます。

また、髪の毛が痛みませんし、低刺激のため、素手で使えるので染めムラもなくなります。使う頻度を高めても全く問題ありません。一般的な白髪染めで髪の毛が痛んでしまった人や、うまく染まらなかった人にはうれしい製品です。

そんな、今人気の無添加白髪染めですが染料と一緒に配合されているトリートメント素材もまた、天然のものが使われていますね。今回取り上げる「コラーゲン」もまた、天然由来の美髪成分の1つです。

コラーゲンは人間の骨や軟骨、皮膚などの基になるたんぱく質で、全部で30種類あります。

コラーゲンの主な役割は細胞と細胞をくっつける働きです。このコラーゲンは20代をピークに徐々に減少していくのですが、コラーゲンが減少すると細胞と細胞をくっつける働きが弱まりますので、結果としてシワやたるみの原因になります。

加えてコラーゲンには保湿・保水する働きもありますので、コラーゲンが減少することで肌の水分が失われ、乾燥し、トラブルの原因になります。

もちろんこうした影響は全身に現れますので、お肌などの美容面だけでなく、内臓機能の低下や関節炎、骨粗しょう症の原因ともなります。

加えて毛根の働きが弱まることにより、白髪や抜け毛を引き起こします。

そうしたこともあって健康や美容に関心の高い人の中でコラーゲンを積極的に摂ろうという方が増えているのですね。

白髪染めトリートメント内でコラーゲンの期待できる働きとしては、上記のとおり毛根の働きを助け、白髪や抜け毛を予防する効果が期待できることに加え、保湿力があることから、髪の毛をつややかに奇麗にし、地肌に潤いを与え、毛根を守り、いつまでも生き生きと若々しい毛髪を維持する効果が期待できますね。

単に髪の毛を染めるだけでなく、髪の毛をつややかに保ち、毛根を大切に守っていきたい方は美髪成分「コラーゲン」が配合された白髪染めヘアカラーを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新の白髪染め比較ランキングはこちら

目次

トップページ
白髪染めヘアカラー比較/口コミ評判ランキング
白髪染め辞典
コラム「白髪を治そう」
コラム「白髪の悩み」

口コミを投稿する