トップページ > コラム:白髪の悩み「コーヒーやタバコでごまかすのは逆効果」

白髪が気になりはじめた人の強い味方となるのが白髪染め用のヘアカラーですが、実際使ってみると髪の毛や頭皮がものすごく痛んでしまって本末転倒な結果になってしまった人も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメなのが、酸化剤や化学染料を使用しない、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。これなら髪の痛みを気にしなくてすみますし、素手で使えるので染めムラもなくなります。使う頻度を高めても全く問題ありません。
>>>最新の白髪染めランキングはこちら

コラム:白髪の悩み「コーヒーやタバコでごまかすのは逆効果」

漢方では、血液の足りない人のことを「血虚」と言います。西洋医学で言う貧血と考えていただいてよいでしょう。

血虚のときにあらわれる症状は、いわゆるボケの初期にあらわれる症状と同じものです。

白髪の人が、年よりふけて見えたり、活気がなく、年寄りくさいのはなにもルックスだけの問題ではないのです。

年をとってから起こるボケがひそかに忍び寄っているからです。

もちろん、それが目立たないこともあります。

それはコーヒーとかタバコとかの刺激でなんとか元気をふるい立たせているためで、コーヒーやタバコをやらないとボンヤリしてしまい、何もやる気がしないということになります。

そこでひっきりなしにコーヒーやタバコに手を出し、そのため胃を悪くしたり、肺を悪くしたりという、ありがたくない副産物まで背負い込み、どんどん体力を落としてしまいます。

もちろん、ボケの早い、おそいは、社会的要因や生活ぶりにも左右されます。

ずっと頭を使っている人は、使っていない人よりボケがおそいと言われますが、同じ条件だとすると、白髪の人のほうが、血虚のためにボケやすいのは確かです。

せっかく白髪というかたちで血液の症状を警告してくれているのですから、早くそれに気づいて血液をふやすように生活を正し、コーヒーやタバコの力を借りなくても、本来のバイタリティでバリバリ仕事をしていただきたいものです。

参考になさってください。

なお、白髪にお困りの方は白髪染めを利用されていることが多いと思いますが、世に出回っている白髪染めのほとんどは1剤(アルカリ剤)と2剤(酸化剤)の2つを混ぜて使います。しかしながらこうした一般的な白髪染めは、髪の毛や頭皮をものすごく痛めてしまって、かえって白髪が増えるという本末転倒なことが起こります。

それを避けるためにも、使っていただきたいのが、酸化剤や化学染料を使用しない、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。これなら髪の痛みを気にしなくてすみますし、白髪がさらに増えていってしまうこともありません。使う頻度を高めても全く問題ありません。

これから白髪を治そうと思っている方はぜひ利用してみてください。

>>>白髪染め比較ランキング+口コミはこちら

コラム「白髪の悩み」

トップページ
白髪染めヘアカラー比較/口コミ評判ランキング
コラム「白髪の悩み」

目次

トップページ
白髪染めヘアカラー比較/口コミ評判ランキング
白髪染め辞典
コラム「白髪を治そう」
コラム「白髪の悩み」

口コミを投稿する