トップページ > コラム:白髪の悩み「ハゲははたして遺伝なのか」

白髪が気になりはじめた人の強い味方となるのが白髪染め用のヘアカラーですが、実際使ってみると髪の毛や頭皮がものすごく痛んでしまって本末転倒な結果になってしまった人も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメなのが、酸化剤や化学染料を使用しない、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。これなら髪の痛みを気にしなくてすみますし、素手で使えるので染めムラもなくなります。使う頻度を高めても全く問題ありません。
>>>最新の白髪染めランキングはこちら

コラム:白髪の悩み「ハゲははたして遺伝なのか」

「ハゲの人と、ステテコをはく人は大きらい」などと女性から情け容赦もなく言われてしまうので、脱毛が始まると、男性諸氏は戦々恐々。養毛剤をひそかに振りかけたり、かつらのCMについ目が行ったりします。

ハゲ(脱毛症)は円形脱毛症、若年性脱毛症、広汎性脱毛症などいろいろあります。

円形脱毛症は、後頭部が丸くハゲてくるもので、一ヶ所とは限らず、一つが治ってもまた別の個所がハゲてくることもあります。ストレスによるものが多いとされ、放置しておいても治ることもありますが、繰り返し起こっているうちに本格的なハゲになり、自然治癒の可能性は少なくなります。

一方の若年性脱毛性は、別名を若ハゲと言われるもので、頭のてっぺんからO字形にハゲる人、額の両側がM字形に薄くなる人、全体的に後退するU字形の人などさまざまです。

若年性脱毛症の原因としては、ホルモン説が古くから言われています。男性ホルモンと女性ホルモンのアンバランス、つまり前頭部から頭頂の髪の成長を抑制している男性ホルモンがふえたために起こるというものです。

もう一つは頭皮緊張説で、頭をよく使う人では、頭蓋骨の成長に、頭皮の成長がついていけないため、頭皮が引っぱられて薄くなり、毛細血管が圧迫され、毛乳頭が栄養不足になってハゲてくるのだというものです。

根強いのは遺伝説で、生まれつき毛乳頭が早く衰えるような遺伝的素質があるというものです。

講演会の席などで、脱毛に悩んでいるというかたがたに「皆さんは、ご自分がなぜハゲたと思っていますか」と聞いてみますと、ストレス、ホルモンの異常、頭の使いすぎ、遺伝などをあげるかたが圧倒的です。

一般に言われていることと一致しているのですが、どうも私には安易な思い込みがほとんどのような気がしてなりません。

皮膚科医の間では、遺伝説がいちばん有力のようですが、私には納得しがたいものです。

たとえば若ハゲの人は毛乳頭が死んでいるというのですが、私の経験ではそうでないケースが圧倒的です。ホルモン説も、はっきり立証されているわけではありません。

<続く>

参考になさってください。

なお、白髪にお困りの方は白髪染めを利用されていることが多いと思いますが、世に出回っている白髪染めのほとんどは1剤(アルカリ剤)と2剤(酸化剤)の2つを混ぜて使います。しかしながらこうした一般的な白髪染めは、髪の毛や頭皮をものすごく痛めてしまって、かえって白髪が増えるという本末転倒なことが起こります。

それを避けるためにも、使っていただきたいのが、酸化剤や化学染料を使用しない、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。これなら髪の痛みを気にしなくてすみますし、白髪がさらに増えていってしまうこともありません。使う頻度を高めても全く問題ありません。

これから白髪を治そうと思っている方はぜひ利用してみてください。

>>>白髪染め比較ランキング+口コミはこちら

コラム「白髪の悩み」

トップページ
白髪染めヘアカラー比較/口コミ評判ランキング
コラム「白髪の悩み」

目次

トップページ
白髪染めヘアカラー比較/口コミ評判ランキング
白髪染め辞典
コラム「白髪を治そう」
コラム「白髪の悩み」

口コミを投稿する