トップページ > コラム:白髪の悩み「最も悪い徹マン、タバコ」

白髪が気になりはじめた人の強い味方となるのが白髪染め用のヘアカラーですが、実際使ってみると髪の毛や頭皮がものすごく痛んでしまって本末転倒な結果になってしまった人も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメなのが、酸化剤や化学染料を使用しない、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。これなら髪の痛みを気にしなくてすみますし、素手で使えるので染めムラもなくなります。使う頻度を高めても全く問題ありません。
>>>最新の白髪染めランキングはこちら

コラム:白髪の悩み「最も悪い徹マン、タバコ」

サラリーマンの楽しみの一つに、マージャンがあります。

マージャン自体は頭脳のトレーニングになり、直接髪に悪いことはありませんが、徹夜マージャンとなると話は別。

徹夜をした次の日には、抜け毛がグンと多くなるのを経験したかたがあると思います。徹夜をすると私たちの体温は下がります。

体温がさがると末梢の血行が悪くなります。毛髪は前にお話ししたように、頭部の末梢毛液に酵素が働いて赤血球とメラニン色素、タンパク質などによってでき上がります。

徹夜や夜ふかしで体温が下がると、当然、髪の成長も悪くなってしまいます。

マージャンにはタバコがつきもの、タバコも一本吸うごとに体温が1度下がると言われるくらいで、血行を著しく悪くします。

たとえ自分は吸わなくても、タバコの煙の充満したところにいれば影響を受けます。

さらにタバコの煙で濁った空気を吸いつづけることで肺機能が低下し、髪からうるおいをうばいます。

<続く>

参考になさってください。

なお、白髪にお困りの方は白髪染めを利用されていることが多いと思いますが、世に出回っている白髪染めのほとんどは1剤(アルカリ剤)と2剤(酸化剤)の2つを混ぜて使います。しかしながらこうした一般的な白髪染めは、髪の毛や頭皮をものすごく痛めてしまって、かえって白髪が増えるという本末転倒なことが起こります。

それを避けるためにも、使っていただきたいのが、酸化剤や化学染料を使用しない、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。これなら髪の痛みを気にしなくてすみますし、白髪がさらに増えていってしまうこともありません。使う頻度を高めても全く問題ありません。

これから白髪を治そうと思っている方はぜひ利用してみてください。

>>>白髪染め比較ランキング+口コミはこちら

コラム「白髪の悩み」

トップページ
白髪染めヘアカラー比較/口コミ評判ランキング
コラム「白髪の悩み」

目次

トップページ
白髪染めヘアカラー比較/口コミ評判ランキング
白髪染め辞典
コラム「白髪を治そう」
コラム「白髪の悩み」

口コミを投稿する