トップページ > コラム:白髪の悩み「髪のために最悪の食生活」

白髪が気になりはじめた人の強い味方となるのが白髪染め用のヘアカラーですが、実際使ってみると髪の毛や頭皮がものすごく痛んでしまって本末転倒な結果になってしまった人も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメなのが、酸化剤や化学染料を使用しない、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。これなら髪の痛みを気にしなくてすみますし、素手で使えるので染めムラもなくなります。使う頻度を高めても全く問題ありません。
>>>最新の白髪染めランキングはこちら

コラム:白髪の悩み「髪のために最悪の食生活」

概して学生や独身サラリーマンの食事は髪のためには最悪と言ってよいのです。

日ごろ口にするものすべてを、思いつく限りあげてもらっても、20種類ぐらいがせいぜい。それらのものを繰り返しとっているという徹底したワンパターンぶりがうかがえます。

その偏りもさることながら、その20種類の内容をみますと、これがすべて油脂をたっぷり含んでいるものばかりです。

ハンバーグ、ピザトースト、ポークカツ、スパゲティ、カツカレー・・・。

顔は言うにおよばず、頭皮の中にもニキビのようなふき出物をつくる材料ばかりと言えます。

ただでさえ脂っぽい頭皮に、油脂がいかに悪いかはお話ししたとおりです。

こうした料理につけ合わせるものが、生野菜、コーラ、アイスコーヒー、アイスクリーム。

Tシャツにジーンズと、若い人の服装がアメリカナイズされたのといっしょに、食生活までがすっかりアメリカンスタイルになってきているのです。

髪の薄い人のことを、薄めのアメリカンコーヒーになぞられて「アメリカン」と言うそうですが、頭髪まで「アメリカン」では笑い話にもなりません。

食べることをもっと大事にしたいものです。

<続く>

参考になさってください。

なお、白髪にお困りの方は白髪染めを利用されていることが多いと思いますが、世に出回っている白髪染めのほとんどは1剤(アルカリ剤)と2剤(酸化剤)の2つを混ぜて使います。しかしながらこうした一般的な白髪染めは、髪の毛や頭皮をものすごく痛めてしまって、かえって白髪が増えるという本末転倒なことが起こります。

それを避けるためにも、使っていただきたいのが、酸化剤や化学染料を使用しない、天然素材由来の白髪染めヘアカラーです。これなら髪の痛みを気にしなくてすみますし、白髪がさらに増えていってしまうこともありません。使う頻度を高めても全く問題ありません。

これから白髪を治そうと思っている方はぜひ利用してみてください。

>>>白髪染め比較ランキング+口コミはこちら

コラム「白髪の悩み」

トップページ
白髪染めヘアカラー比較/口コミ評判ランキング
コラム「白髪の悩み」

目次

トップページ
白髪染めヘアカラー比較/口コミ評判ランキング
白髪染め辞典
コラム「白髪を治そう」
コラム「白髪の悩み」

口コミを投稿する